心と体を癒すアロマセラピー

今日は、西国分寺で行われたアロマセラピー講座に参加してきました。
アロマの師匠の講座です。

「心と体を癒すためのアロマセラピー講座」

自分の講座の勉強のため‥もありますが、
自分自身のさらなる癒しのために。

c0076939_20582585.jpg

とてもタイムリーな内容で、深く染み込んでゆきました。

病気は、生き方を変えましょうね‥というメッセージ。

それは大切なギフト‥なのだと思いました。
変わるチャンスを与えられている。

私が抱える小さな体調不良も、やっぱりメッセージで、
症状が小さなうちに、方向転換できれば楽だなぁって、
思いました。

師匠は、大きなメッセージをいただいて、
それをご夫婦で乗り越えていかれました。
その体験を聞かせていただいて‥
何度も聞いているのに、いつも新鮮な気持ちで聞いています。

怒りや許せない気持ちが解消されずたまってしまうと、
体や心に病気というメッセージをいただくことになる。

怒りって、強い気持ちですものね。
うまく発散できず、内にためこんでしまうと、
やがて自分自身を傷つけていってしまうのだと。

かつての私は、怒りは外に表現できなくて、
怒れるほどに飲み込んでいました。
これがいつか爆発したらどうなってしまうのだろう‥
と思ったことも、ありました。

高校生の時、高校に行けなくなって、中退すると
バイト先の社員さんに話したときに
「生き方が不器用だな」
と言われました。
そのときは意味がよくわからなったけど、今ならわかります。

当時の私は、社会に、世間に、反抗してました。
気分はアウトサイダー、でした。
でも、小心者で、行動力もなく、人との関わりも苦手で‥
その後の人生は、自分探しの迷い道。
たくさんの寄り道をして、JHASと出会い、
アロマセラピーやクリスタルを学ぶ中で、
本当~に少しずつ、ですが、癒されてきました。

その一番の証が、それまで長続きしなかったお仕事が、
もう7年以上も続いていることです。

外に求めて、愛を求めてきたけれど、最近ふと思うことがあります。

自分こそが、自分に最大の愛を与えられるのだと。

毎日の生活の中で、つまづいたりふさいだりすることもあるけれど、
植物の、精油の力を借りて、また前を向いてがんばる気持ちになることができます。

静かにそっと存在する植物さんのエネルギーの素晴らしさ、
アロマセラピーの素晴らしさを、改めて感じさせてもらった講座でした。

I先生、N先生、ありがとうございました。


c0076939_19041240.jpg

帰りは一緒に参加したセラピスト仲間とお茶をして帰りました。

夕陽が美しかったです☆

もっともーっと、ゆるゆる~んと生きていいんだなぁ~177.png

そんなこと思わせてもらいました♪

今日のすべてに、ありがとう162.png










[PR]

by healingsoul | 2018-06-03 19:03 | アロマ日記

<< アロマセラピー講座のご案内(2... 嬉しいランチ >>