のらにゃん保護日記 #4

6月14日(土)

本当に食べられるんじゃないかというくらいのキレイなチョコレート色。
トイレに間に合わなかったのか、寝ていた布団の上に染みが出来ていました。
そして日中は、じゅうたんの上に座っているときに、母曰くおならをしたらしく
そこには小さなうんちが... これも柔らかいうんちです。

鼻水の復活もあり、再度病院へ。
この日はまた段ボールに入れて病院へ行ったのですが、暴れること暴れること!
道中必死に抑えて行ったのです。
まなちゃんのカゴには入れないほうがいいのかなぁと思ったのですが...
もうカゴじゃないとダメですねぇ。

食べすぎで下痢なのかなぁと思ったのですが、それはないと思いますということで、
お薬をくださいました。
これがまた新たな試練(?)でして...
口をぱかっとあけて小さな、薬をくだいたものを喉の奥に入れたらすぐにぐっと口を閉じ、
注射器でお水を飲ませる...
「おうちでできそうですか?」
と聞かれて
「自信ないです」
とは言いましたが、「足をお母さんに抑えてもらうといいかもしれませんね」と、
大丈夫ですよ~とばかりに再度説明してくださり、「がんばってみます」と私。

鼻水については、注射はするけれど止まるかどうかはわからないということ、
ひどい状態だったのでそう簡単には治らないかもしれないこと、
とにかくごはんをたくさん食べさせてお薬を飲ませ、体力をつけることなのだそうです。

数日で治すぞ~なんて甘い考えだった私...
これは、まなちゃんにはがんばって耐えてもらって、気長に治すのが一番だなと
思い直したのでした。
まなちゃんは日々リラックスしてきており、押入れの外で過ごすようになりました。
だいちゃんのことも気になるようで、部屋の入口まで行くように。
そしてふすまが開くとじ~っと様子を伺うのでした。
[PR]

by healingsoul | 2008-06-16 16:11 | のらにゃん保護日記

<< のらにゃん保護日記 #5 のらにゃん保護日記 #3 >>